今の時期の注意

このところ、気温の差がとても大きくなっております。高齢になると少しの環境の変化でもとても体の負担となることがあります。早めの診察をして早期発見早期治療をしてあげてください。そのためには、高齢の子にはできるだけ健康診断を年に1回から2回の頻度ですることを勧めます。特に、気温が下がってくると高齢の動物では、人と同様に、関節の痛みを起こし歩き始めや長時間の運動後などに、歩き難さを見せることがあります。そうした症状がみられる場合には、関節炎を起こしている場合がありますのでご相談ください。

最近、日本でも発生が確認されている、マダニによって感染が成立するウイルス疾患のSFTSの感染から身を守るためには、マダニとの接触を防ぐことが一番です。このところ大変マダニの感染が多くなっています。そのお為には、確実に駆除できる病院処方のまだに駆除剤を使って、ペットによる家庭内への持込を防ぎましょう。使用法は、後頭部から背中にかけて薬を垂らすだけです。 詳しくは当院へご確認ください。 長野県内のダニや、野生動物からも検出されているとの報告があります。ダニの駆除を確実に行い、人への感染を防ぐようにしてください。

また、外部寄生虫(マダニ・ノミ)の発生が気温の上昇に伴い、発生し始めます。しかし、新しいお宅などでは、断熱が優れており、冬の間でも家の中ではノミなどの繁殖可能温度を維持することが、可能となってるケースが増えております。駆除剤を希望の方は、当院にて処方いたします。

今の季節は、発情期になるケースが多くなります。望まない妊娠や伝染病をうつされてしまうことにならないためにも避妊去勢手術をすることを勧めます。